​大腿四頭筋

 

大腿四頭筋は、大腿直筋外側広筋中間広筋内側広筋

4つの筋が集まった、人体最大の筋肉です。

外側広筋・中間広筋・内側広筋が大腿骨に付着し、

骨盤から始まる大腿直筋が、中間広筋の上に付着しています。

 

4つの筋は膝蓋骨(膝の皿)を通過し、

膝蓋靱帯となり、脛骨に停止します。

これを、膝関節伸展機構と呼び、

一つのまとまった力として働きます。

そのため、通称「ブレーキ筋」と呼ばれています。

★筋肉の発達度合い

内側広筋より外側広筋は発達しやすいと言われています。

その為、内側広筋はトレーニング外側広筋はストレッチ

入念に行うとバランスが取りやすくなります。

主な作用は、膝関節の伸展です。

その力は、膝の屈曲筋の約3倍の力を持つと言われる程強力です。

 反対の作用:ハムストリングス

また、大腿直筋は骨盤に付着する為、股関節の屈曲にも関与します。

急激な踏み込みブレーキの動きに耐えられる程強力な筋肉です。

 関連する筋肉:腸腰筋

 反対の作用:ハムストリングス 大殿筋

〜大腿四頭筋が原因のトラブル〜

・下半身が不安定になり、膝関節の負担が増える

 内側広筋は膝の内側を支持し、内側半月板や側副靱帯の負担を減らしています。

 つまり・・・半月板損傷内側側副靱帯損傷と言った厄介なケガに繋がります。

・基礎代謝が下がる

 四頭筋は大きな筋肉の為、エネルギーを多く消費します。

 基礎代謝が下がることで痩せにくい体型になり、同時に免疫機能が低下すると言われます。

・骨盤の前傾が強くなる

 骨盤が前に傾く事で、反り腰になる事が多いです。

 つまり・・・脊柱管狭窄症やすべり症、分離症を誘発する可能性が高まります。

※大腿四頭筋だけが原因ではないため、詳しい検査が必要です

 

ハムストリングス

ハムストリングスは、

大腿二頭筋半腱様筋半膜様筋3つの筋が集まった筋肉です。

表面にあるのが大腿二頭筋長頭・半腱様筋、

その下にあるのが大腿二頭筋短頭・半膜様筋です。

 

大腿二頭筋は坐骨から始まり、腓骨に付着する為、

外側ハムストリングス」と呼ばれます。

半腱様筋・半膜様筋は坐骨から始まり、脛骨に付着する為、

内側ハムストリングス」と呼ばれます。

また、腓腹筋とハムストリングスで、膝窩を構成しています。

主な作用は股関節の伸展・膝関節の屈曲です。

ハムストリングスは面積が大きい為、

強力な伸展と屈曲を生み出します。

そのため、通称「アクセル筋」と呼ばれています。

関連する筋肉:大殿筋

反対の作用:大腿四頭筋 腸腰筋

膝関節の運動では、

大腿二頭筋は外旋に、

半腱様筋・半膜様筋は内旋に関与します。

スポーツの場面で考えると、

短距離のスタートジャンプ動作、

投球パンチなど、様々な場面で活躍します。

例:歩行時に出た前足を、後ろに引き戻す

〜ハムストリングスが原因のトラブル〜

・肉離れを起こしやすくなる

 強力な股関節の伸展・膝関節の屈曲を持つ為、筋肉の硬さが肉離れを引き起こすリスクになります。

 また、一度肉離れを起こすと繰り返しやすくなる言われています。

・パフォーマンスの大幅な低下が起こる

 様々な動きに関係する為、ハムストリングスのしなやかさが重要になります。

 特に下半身の安定を担っている為、動きが崩れやすくなります。

 「下半身のブレ→上半身のブレ」に繋がる事を押さえていただきたいです。

・基礎代謝が下がる

 ハムストリングスは大きな筋肉の為、エネルギーを多く消費します。

 基礎代謝が下がることで痩せにくい体型になり、同時に免疫機能が低下すると言われます。

※ハムストリングスだけが原因ではないため、詳しい検査が必要です。

​腓腹筋

 

腓腹筋は、大腿骨から踵に向かって付着する筋肉です。

下腿三頭筋」の構成にも関与しており、ヒラメ筋とともにアキレス腱に移行します。

走行はヒラメ筋と似ていますが、ヒラメ筋とは少し役割が異なります。

腓腹筋は速筋線維が多く、素早い動きに対応できる筋肉です。

また、腓腹筋は膝上から始まるため、立った姿勢を維持する役割も果たしています。

 

スポーツの場面では、短距離走ジャンプ競技で活躍する事が多いです。

例えば、短距離のスタートやジャンプなどの、

地面から足が離れる瞬間に爆発的な力を生み出します

他にも、サッカーなどでは後方から前方への素早い方向転換で活躍します。

つまり・・・前や上に進む」ための原動力を担うのが腓腹筋と言えるでしょう。

主な作用は、膝関節の屈曲です。

ヒラメ筋と異なる点は、膝の屈曲ができるかどうかです。

関連する筋肉:ハムストリングス

反対の作用:大腿四頭筋

また、足首の底屈にも大きく関与しています。

膝を完全伸展した状態だと、

最大の底屈力を発揮できるとされています。

その時、腓腹筋は約4cm収縮します。

関連する筋肉:後脛骨筋

反対の作用:前脛骨筋

〜腓腹筋が原因のトラブル〜

肉離れのリスクが高くなる

 肉離れは大腿四頭筋ハムストリングスのように、2関節筋に好発します。

 腓腹筋も膝と足首の2関節筋のため、柔軟性の低下が肉離れを招きます。

 特に、足首の背屈時に起こしやすく、ジャンプの着地時や

 ランニングのボトムディスセンターなどが引き金になります。

アキレス腱の損傷につながる

 上記にも書いたように、腓腹筋はアキレス腱に移行します。

 腓腹筋が硬い事で、アキレス腱が常に引っ張られた状態になると考えられます。

 アキレス腱自体は1tの力に耐えられる程強靱で、伸縮性のある靱帯ですが、

 常に伸びている状態が続くと危険です。

 伸びた状態で力が加わり続ける事でアキレス腱炎を引き起こし、

    大きな力が加わった場合、アキレス腱の断裂に繋がります。

・血液循環が悪くなる

 腓腹筋は「第2の心臓」と言われ、血液循環に大きく関与しています。

 詳しく話すと、足先の血液を心臓に送り返す役割を持っています。

 腓腹筋の動きが悪くなることで、冷えや足のつり、疲労感に繋がります。

※腓腹筋だけが原因ではないため、詳しい検査が必要です

​ヒラメ筋

 

ヒラメ筋は脛骨と腓骨から始まり、踵に向かって付着する筋肉です。

下腿三頭筋」の構成にも関与しており、腓腹筋とともにアキレス腱に移行します。

走行は腓腹筋と似ていますが、腓腹筋とは少し役割が異なります。

ヒラメ筋は遅筋線維が多く、長時間の動きに耐えられる筋肉です。

腓腹筋に覆われているため、インナーマッスルとして

腓腹筋の補助をしているとも言えるでしょう。

「腓腹筋による姿勢維持」の維持しているのがヒラメ筋です。

腓腹筋は瞬発的な動きで役に立っています。

例えば、短距離のスタートやバレーボールのジャンプ動作などです。

一方ヒラメ筋は、マラソンなどの長時間の運動で大きく役立っています。

姿勢維持血液循環などがイメージしやすいと思います。

主な作用は、足首の底屈です。

足首の底屈時には、約4.5cm収縮すると言われています。

腓腹筋と異なり、ヒラメ筋は膝から始まらないため、

膝関節の運動には関与しません。

関連する筋肉:腓腹筋 後脛骨筋

反対の作用:前脛骨筋

〜ヒラメ筋が硬いとこんな状態に〜

肉離れのリスクが高くなる

 肉離れは大腿四頭筋ハムストリングス腓腹筋のような、2関節筋に好発します。

 ヒラメ筋は単関節筋ですが、腓腹筋同様、肉離れの好発部位とされています。

 特に、足首の背屈時に起こしやすく、ジャンプの着地時や

   ランニングのボトムディスセンターなどが引き金になります。

アキレス腱の損傷につながる

 上記にも書いたように、腓腹筋はアキレス腱に移行します。

 腓腹筋が硬い事で、アキレス腱が常に引っ張られた状態になると考えられます。

 アキレス腱自体は1tの力に耐えられる程強靱で、

   伸縮性のある靱帯ですが、常に伸びている状態が続くと危険です。

 伸びた状態で力が加わり続ける事でアキレス腱炎を引き起こし、

   大きな力が加わった場合、アキレス腱の断裂に繋がります。

・血液循環が悪くなる

 腓腹筋は「第2の心臓」と言われ、血液循環に大きく関与しています。

 詳しく話すと、足先の血液を心臓に送り返す役割を持っています。

 腓腹筋の動きが悪くなることで、冷えや足のつり、疲労感に繋がります。

※ヒラメ筋だけが原因ではないため、詳しい検査が必要です

PLUSbody若葉治療院

〒416−0902

 静岡県富士市長通9-1 201号

☎0545-63-6288

 (予約・相談窓口)

​ネット予約

  • 公式LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • アメブロ

受付時間

10:00〜20:00

休診日

​ 火曜日・日曜日・祝祭日